Menu

施工管理の求人は具体的にどのような仕事なのか

施工管理は建設工事現場でのリーダーとなる職種です。大手ゼネコンから中堅ゼネコン、不動産管理会社、ディベロッパーのような建築や設備など様々な現場で必要となるため求人は全国的にあります。建築現場では建築施工管理技士や監理技術者を主任技術者として専任で配置しなければならないため、企業では一人でも多くの人材を確保したいという思いがあります。求人情報でも施工管理は一つの職種ですので、施工管理だけの求人情報を掲載しているものもあります。それに加えて国内需要が高く、中には海外への拡大を視野に入れている企業もあります。企業によって即戦力を求める場合は未経験者の採用は行なっていないところもありますが、比較的未経験者もチャレンジしやすい職種でもあり、就労後に資格取得を目指すことも可能な企業もあります。

施工管理の求人の探し方について

施工管理の求人は人材紹介会社、サイトを利用するといいでしょう。どちらも自分が理想とする求人情報を見つけやすいからです。仕事内容、年収、勤務地、雇用形態などから自分の希望に合わせて求人情報を絞り込むことができます。求人情報サイトからの応募は自分からとなりますが、人材紹介会社を利用する場合はエージェント経由で応募する形になります。求人情報サイトは手軽に利用できる反面、情報量が多くなればなるほど自分にマッチする求人を探しにくくなることがあります。人材紹介会社は一人一人に担当者がつき、求職者と企業の間に入ってくれますので、自分の希望をしっかり伝えることで、希望に合った企業を見つけてもらえます。気になる点も気兼ねなく尋ねられるので、就業前と就業後でのギャップも出にくくなります。人材紹介会社も得意とする業種や職種があるので、そちらをよく確認することが重要です。

成功管理の仕事内容と求められるスキル

施工管理は現場だけの仕事だけではありません。計画段階では施工計画を立てることもあります。関係各所との調整や予算組み、今後のスケジュール作成も担います。現場では工程管理、品質管理、原価管理、安全管理の4大管理が大きな仕事です。この4大管理は工事を完成させるためにはどれも欠かすことができません。4大管理が一つでも欠けてしまうと大きな損失を生みかねません。施工管理には責任感やその他にもスタッフをまとめる統率力、トラブルを未然に防ぐ先読みする力、それでもトラブルが起きた時に柔軟に対応できる臨機応変さも求められます。求められるものは多いと思いますが、その分無事に完了した時の喜びや達成感はひとしおです。求人を探して経験を積むことでスキルアップにもつながるので自分自身の成長となります。

ブランクがある方や未経験の方でも安心して働ける教育システムが充実しています。 都道府県、地域問わず、全国の求人情報を取り扱っています。 建設事業に特化して5年、退職者はほぼでていません。 スキルアップをしたい人や、大規模案件に挑戦したい人など、活躍できる場を用意しています。 建築・土木・空調、衛生、電気設備の施工管理、設計業務の転職求人情報を掲載しています。 施工管理の求人情報は建築求人.jpで探せます