ここが魅力の施工管理の求人に応募するメリット

施工管理というとどんな仕事をしているのか知らない方も多いのではないでしょうか。大まかに言えば建築現場の現場監督の仕事です。工程管理や安全管理をメインとしていますが、施工管理技士という国家資格が必要となります。まず施工管理技士として働く場合、比較的高い給料を貰えることが多いようです。しっかり働いて、かなり稼ぎたいという方にはお勧めです。少し前までは公共事業が見直され、工事自体が少なくなった時期もありました。しかし、2020年のオリンピックに向けて沢山の工事が必要となり、需要が高い職種と言えます。年々求人数も増加傾向にあります。また、自分が施工に携わった建物や橋など、実績として目にし、完成時には大きな達成感を味わう事ができます。そして自分のみならず、家族にも形として仕事を見てもらう事が出来る為、やりがいのある仕事ではないでしょうか。

6種類の施工管理技士の資格取得でレベルアップ

施工管理技士というのは合わせて6種類あります。建設機械施工技士というものは、建設現場で使用されるショベルカーなどの重機を用いた工事に関する資格です。取得すると監督、指導、主任技術士として活躍が可能です。土木施工管理士は土木工事の現場で管理技術者や主任技術者になることができます。建築施工管理技士は建築現場で全体をまとめ、指揮する為の資格です。責任が大きい立場となる為、別途資格手当を貰える会社があります。電気工事施工管理技士は、電気工事の監督や管理を行う為の資格です。管工事施工管理技士は冷暖房設備や下水道管、ダクトなどの管の工事を請け負う際に必要な資格です。造園施工管理技士は、道路緑化工事や公園や庭園を施工する為の資格です。このように施工管理に関する資格は多岐に渡ります。資格を取得する事でレベルアップにもつながりますので、施工管理の求人をお探しの方は取得をお勧めします。

希望の施工管理会社に就職するには

せっかく働くのであれば希望に沿った就職先に就きたいと思います。まず、求人を探す際に、自分の興味がある分野で探してみましょう。その会社ではどんな物を作っているかを調べる事をお勧めします。施工管理と言っても様々な種類があります。例えば住宅、ビル、道路、トンネル、設備工事、造園工事と様々です。まずは自分の興味があってやってみたいと思う企業を選ぶと、モチベーションも上がります。そして、未経験の方であれば未経験者歓迎の求人を選ぶと安心です。経験ありで即戦力を期待して求人募集をしている企業もあれば、一からしっかりと育成したいという企業もあります。そして資格取得支援制度がある会社であれば尚良いです。施工管理技士の資格は6種類もあり、就職後の取得を目指すという人も多いです。その際、資格取得支援制度がある会社ですと、費用面でのサポートをして貰え、資格取得が目指しやすくなります。