Menu

施工管理の求人が求める人材の条件とは

施工管理というと建築現場の現場監督と言った方が分かりやすいのではないでしょうか。近年、震災の復興や2020年のオリンピックに向けて建設業界の活気が戻りつつあります。その為、施工管理の需要が大変多く、人気の職種となっています。その施工管理の求人が求める人材の条件をご紹介します。まずは建築現場の経験者です。建築現場での経験があるということでは、即戦力になります。企業側からすれば、一から時間をかけて教える必要がなく、工事の流れや危機管理も既に身についているため、引く手あまたでしょう。そして、施工管理者は施工管理技術士という資格が必要です。その資格は6種類もあります。資格によって工事ができる現場、出来ない現場がでてきます。その為、資格を出来るだけ多く有していれば、施工できる工事内容も多くなり、企業としては必要な人材となります。

施工管理として働くことのできる業界

施工管理の仕事といっても様々で、色々な分野で必要とされているお仕事です。例えば、ビルやマンションの建設です。身近な建築物ですのでイメージが湧きやすいのではないでしょうか。そして道路やトンネルなどの公共事業工事などがあります。自分が建設に携わった道やトンネルが完成した後には通ることができるので、達成感を味わえるのではないでしょうか。最近、緑化事業もさかんとなり、造園にも施工管理の仕事が必要とされます。また、電気工事やダクトや下水管工事などもあり、施工管理として働くことのできる業界は多岐に渡ります。どの分野においても施工管理の求人は比較的多く出されており、人気の職種と言えるでしょう。自分の興味のある業界を探すことで、仕事へのモチベーションにも繋がります。自分に合った働き甲斐のある職場を探しましょう。

施工管理の仕事は男性限定の職種ではない

施工管理の仕事のイメージとして男性がメインと考えられているようです。求人自体に性別は記載されていないものの、実際女性の割合は全体の10パーセントにも満たないのが現実です。しかしながら、国土交通省は建設業界の女性技術者や技能者を5年間で倍増するという目標を立てている事から、国をあげて女性の建築業界での活躍を期待しています。施工管理の仕事は全体を見て、多くのスタッフとのコミュニケーションが必要となります。女性は比較的共感能力が高いと言われ、コミュニケーションを上手くとりながら現場をまとめる力があると考える方も多いようです。どの業界においても年々、産休や育休などの制度が充実されてきているので、これからは建築現場の施工管理という仕事でも、男性のみならず女性の活躍が益々期待されています。